平成26年度基調方針検討会議

平成26年度基調方針検討会議は2月19日(水)に山形テレビ会議室で開催されました 清野政策室長が開会の挨拶の後、熊谷代表幹事が多彩な観点から山形県のあるべき姿を提言できるように熱心な討論をお願いいたしました ①多くの交流事業を通して山形を発信する②イノベーションマインド③食を育てるの3つの重点方針に、人口減少の中でも社会動態増加を目指して定住人口を増やす取り組みや、女性と若者を活用して個性を活かし自立した地方をつくる事を追加して基調方針を作成することといたしましたDSC_2283 (640x395)

経済同友会「MVP賞」表彰式

日大山形高野球部と監督をたたえる 経済同友会「MVP賞」表彰式

山形経済同友会(熊谷真一代表幹事)の「2013明るい山形MVP賞」表彰式が13日、山形市の山形グランドホテルで行われ、日大山形高野球部と荒木準也同部監督に表彰状と副賞が贈られた。熊谷代表幹事が「去年夏の全国高校野球選手権大会で県勢初のベスト4に進出し県民を熱狂させてくれた。常に県内高校野球の先頭を走っているのは、優れた指導者あればこそだ。残るは東北勢初の優勝。今後も県民に感動を与えてほしい」とたたえ、表彰状を手渡した。荒木監督は「選手が頑張ったからこその受賞。ベスト4まで行けたのは、負けた世代の悔しさがあり、それを踏まえて選手たちが奮起してくれた結果だ。次はファイナルの舞台に立ち、またこの賞を頂けるよう精進していきたい」と謝辞を述べた。賞者の選考では、同野球部と荒木監督をはじめ6候補を挙げ、同友会会員107人が記名投票で決めた。1年間で最も明るく希望に満ちた話題を提供した個人や団体を顕彰しており、25回目。式に続き、荒木監督が講演した。    山形新聞社提供

?????????????????