葛根田地熱発電所

Exif_JPEG_PICTURE
7月30日に盛岡市で東北ブロック事務局長会議が開催されました。9月25日~26日の東北ブロック大会のテーマを「人口減少社会と新たなる東北の創造」と「国際リニアコライダーと東北の未来」に決定いたしました。また、新たなる東北の創造に向けて、共同アピールを行いたいので、意見の集約を図っていく事にいたしました。翌日は東北電力のご厚意で、通常は見学を受け入れていない「葛根田地熱発電所」を視察いたしました。日本の地熱発電の半分は東北に集中しており、エネルギー資源の宝庫となっております。岩手県雫石町の葛根田地熱発電所は1号機が昭和53年、2号機が平成15年に稼働しており、合わせて8万キロワットの出力があります。地中深くにある「地熱貯留槽」から井戸で蒸気をくみ出し、蒸気の力でタービンを回して電気をつくります。蒸気タービンで仕事を終えた低温の蒸気は復水器で凝縮されて水になり、還元井で再び地中に戻されます。取り出した蒸気でタービンを回しますので、シンプルな構造になっています。井戸の深さは地下2kmに及びます。

第7回地域づくりのやまがた景観賞

11_五重塔(テスト時) (427x640)第7回「地域づくりのやまがた景観賞」事業概要
事業名  第7回「地域づくりのやまがた景観賞」

企画意図  この事業は有形・無形の地域素材が絡む景観を媒介にして、地域づくりに活力を与えることを目的とします。

対象作品  自然や建造物および祭り、踊り、植樹など有形・無形の素材で地域振興に貢献している様子。地域を元気にするために情熱を傾ける様子が対象になります。

応募写真  六切写真(20.3×25.4㎝)またはA4サイズ(3枚まで)、推薦文併記、自薦他薦問わない。他薦の場合は作品の管理者の了解をお取りください。

募 集  平成26年8月1日~平成26年8月31日

提出先   山形経済同友会景観賞係

       (〒990-8511山形市城西町5-4-1山形テレビ内)
       山形経済同友会HPに景観賞エントリーサイト設置


審査日  一次審査(書類審査)平成26年9月17日(水)

      二次審査(最終選考会)平成26年10月31日(金)
      推薦者のプレゼンテーション及びVTR審査
審査員  一次審査(審査会)
       審査員長 山形経済同友会景観賞委員長 大沼俊彦
山形県市長会長・町村会長・山形県観光物産協会会長・山形県総合支庁長  
山形経済同友会三役・議長  山形経済同友会景観賞委員

 
二次審査(最終選考会) 
選考委員長 山形県経営者協会会長 黒澤洋介
山形県副知事 細谷知行   国土交通省山形河川国道事務所長 井上圭介  
建築家 本間利雄        山形大学長 小山清人   
東北芸術工科大学学長 根岸吉太郎 東北公益文科大学学長 吉村 昇
日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会会長 長谷川海秀  やまがた女将会会長 佐藤洋詩恵   
国際ソロプチミスト山形会長 桃谷ふみ子 社会福祉法人山形いのちの電話 評議員 沼野 慈
山形経済同友会代表幹事熊谷眞一  山形経済同友会景観賞委員長大沼俊彦
山形経済同友会三役・議長  山形経済同友会景観賞委員

表  彰  山形県知事賞        賞状 副賞 10万円 
       山形経済同友会賞      賞状 副賞 10万円
       山形経済同友会奨励賞(任意)  賞状 副賞  3万円
        入賞作品推薦者         賞状 副賞  3万円
表彰式  平成26年11月20日(木)
広 報 「提言の広場」(山形テレビ)  テレビスポット(山形テレビ) 
      山形経済同友会ホームページ掲載  新聞記事掲載等