経済同友会東北ブロック会議 秋田市で開催

第40回経済同友会東北ブロック会議 秋田市
第40回経済同友会東北ブロック会議 秋田市

img_1191-640x480

第40回経済同友会東北ブロック会議が東北6県と新潟の経済同友会の会員ら200人が参加して2日間の日程で秋田市で開かれた。ブロック会議は「再生可能エネルギーを東北のパワーに」をテーマに再生可能エネルギー事業と地域経済の活性化について講演やパネルディスカッション通して意見を交わした。会議では、秋田経済同友会の小笠原直樹代表幹事が「災害や過疎に苦しむ東北の再生に向け、エネルギーを地域振興につなげる方策を探りたい」とあいさつした。続いて経済産業省エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長の藤木俊光氏が「再生エネルギーの普及には風力やバイオマスなどの導入を促進するとともに電力や廃熱を地域で効率的に使うスマートコミュニティの導入が有効」と指摘した。また全国で再生事業を手掛けているレノバの木南陽介社長が東北の日本海側は「洋上風力を始めとする再生エネルギー導入のポテンシャルが高く、地域経済に大きな波及効果が期待できる」と述べた。このあと「秋田型再生エネルギー推進モデルを全国に」と題したパネルディスカッションが行われ、中島英史秋田県副知事、丸紅の朝田照男会長、レノバの千本倖生会長、ユナイテッドリニューアブルエナジーの平野久貴社長、穂積志秋田市長が意見を交わした。席上、仙台同友会の森幹事が誘致策や交通アクセス改善、原発事故の風評被害解消などを盛り込んだ「インバウンド誘客に関する提言」を発表し、復興庁と東北運輸局の各代表と中島副知事に手渡した。

山形経済同友会9月例会

山形経済同友会9月例会
山形経済同友会9月例会
講演するYAMAGATA DESIGN 山中大介社長
講演するYAMAGATA DESIGN㈱ 山中大介社長

山形経済同友会の9月例会が9月6日(火)に山形グランドホテルで開かれた。鈴木代表幹事が挨拶したあと、新入会員の㈱安藤・間 山形営業所の岡崎勝芳所長と藤庄印刷㈱の川村祐一取締役が自己紹介を行った。続いて後藤副代表幹事が下記の様に会務報告を行った。

第9回「地域づくりのやまがた景観賞」は先月31日に応募を締め切りまして 昨年より4点多い31点の作品が寄せられました。9月29日に第1次審査、10月27日に最終審査、そして11月24日表彰式及び祝賀会の予定でございます。

当面の予定

9月 8日(木)~9日(金) 経済同友会東北ブロック会議 (秋田市)

9月14日(水)~15日(木)  全国経済同友会事務局長会議 (和歌山市)

9月24日(土)  チャリティゴルフコンペ (蔵王カントリー倶楽部)

9月29日(木) 「地域づくりのやまがた景観賞」一次審査会

(山形グランドホテル 12:00~)

10月13日(木) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~)

10月13日(木)  例会(山形グランドホテル12:00~)

10月17日(月)~18日(火) 日本海沿岸地域代表幹事サミット (京都)

10月27日(木) 「地域づくりのやまがた景観賞」プレゼン・最終選考会

(山形グランドホテル14:00~ )

11月17日(木) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~)

11月17日(木) 例会(山形グランドホテル12:00~)

11月24日(木) 「地域づくりのやまがた景観賞」表彰式・祝賀会

(山形グランドホテル17:00~)

11月29日(火) 明るい山形MVP賞候補選定委員会(山形テレビ10:30~)

12月2日(金) 提言の広場委員会(山形テレビ10:30~)

12月2日(金) 常任幹事会(山形グランドホテル17:30~)

12月2日(金) 年忘れ例会(山形グランドホテル18:00~)

12月5日(月) 代表幹事円卓会議 (浜松市)

このあと鶴岡市にあるYAMAGATA DESIGN㈱の山中大介社長が「サイエンスパーク事業について」と題し講演した。サイエンスパークには慶応大学先端生命科学研究所やバイオベンチャー企業の「スパイバー」が立地しており、14ヘクタールのの敷地にバイオサイエンスを核とした産業や教育、医療施設なども備えたサイエンスパークの開発事業を進めている。山中社長は唾液や血液の検査で今後発症する病気のリスクを解析できる先端技術を紹介し、病気を予防するためのメディカルツーリズムの可能性を述べた。また「パーク内にレストランや温泉施設を整備し地域の人も交流できる場にしたい」と今後の展望を語った。さらに「地域の未来を本気で考えられるのは地域しかない」「山形、庄内の人が未来にときめくことができる街づくりを進めれば全国に波及していくことができると信じている」と強調した。