山形経済同友会4月例会

山形経済同友会4月例会
山形経済同友会4月例会
講演する吉村美栄子知事
講演する吉村美栄子知事

山形経済同友会の4月例会が4月23日(火)に山形グランドホテルで開かれた。例会には、会員らおよそ60人が出席し、鈴木代表幹事があいさつしたあと、新会員の弘栄設備工業の船橋吾一社長と交代会員の本間利雄設計事務所の本間弘代表取締役、荘内銀行の松田利彦取締役常務執行役員、オリックス山形支店の中村成利支店長の4人が自己紹介をした。このあと石川副代表幹事が下記のように会務報告を行った。

令和元年度基調方針につきましては、政策室・三役議長会でこれまで3回にわたって検討してまいりまして、このほど基調方針案がまとまりました。その内容ですが、「山形の強みを活かす」「働きがい・生きがいがもてる環境づくり」そして「地域を支える教育・人づくり」の3つの重点課題をあげて、地域が主導する「やまがた創生」で新たな時代を切り拓くとの提言を致しております。また、この基調方針を基に令和元年度の事業計画を策定しております。5月24日の通常総会で平成30年度事業報告と併せ、皆様にご審議頂くことになります。

平成30年度収支決算書がまとまりました。令和元年度予算案と共に、5月の通常総会にお諮り致します

第32回全国経済同友会セミナーが4月11日と12日の両日、新潟市で開催されました。当会からは14名の会員が参加して参りました。この大会の模様は5月18日と25日の2週にわたって「提言の広場」で放送いたしますので、是非、ご覧いただきたいと思います。

当面の予定

5月24日(金) 常任幹事会(山形グランドホテル15:00~15:30)

5月24日(金) 通常総会(山形グランドホテル 15:30~16:30)

5月24日(金) 講演会(山形グランドホテル 16:45~17:45)

5月24日(金) 通常総会懇親会(山形グランドホテル 18:00~19:30)

6月 5日(水)  提言の広場委員会(山形テレビ 10:30~12:00)

6月10日(月) 北海道経済同友会70周年記念式典 (札幌市)

6月19日(水) 常任幹事会 (山形グランドホテル11:30~12:00)

6月19日(水) 例会(山形グランドホテル12:00~14:00)

7月18日(木) 常任幹事会 (山形グランドホテル11:30~12:00)

7月18日(木) 例会(山形グランドホテル12:00~14:00)

8月2日(金)常任幹事会・納涼例会(四山楼17:30~19:30)

9月14日(土) チャリティゴルフコンペ(蔵王カントリー倶楽部)

10月10日(木)~11日(金)東北・北海道ブロック会議(札幌市)

10月28日(月) 経済同友会代表幹事円卓会議(大津市)

10月31日(木)~1日(金) 日本海沿岸地域代表幹事サミット(秋田市)

このあと吉村美栄子知事が「平成31年度の県政運営について」と題して講演した。この中で吉村知事は「多様な人材の育成・確保、活躍の場の拡大」「県民所得の向上、生産性向上と人材不足の解消」など7つの短期アクションプランに沿って主な施策を紹介した。このうち「子育て・人づくり」では「やまがた出会いサポートセンター」の機能を充実させるなど若者や女性が活躍できる環境づくりを推進すると述べた。また「産業・雇用では、有機エレクトロニクス分野やバイオテクノロジーの世界最先端技術を基にした産業群形成の加速や、成長分野への参入促進、超スマート社会を見据えた取り組みに力を入れると述べた。

 

第32回全国経済同友会セミナー 新潟市で開催

第42回全国経済同友会セミナー新潟大会
第32回全国経済同友会セミナー新潟大会

IMG_2835IMG_2830

全国44の経済同友会が共催する第32回全国経済同友会セミナーが11日から2日間の日程で新潟市で開かれた。平成から令和という時代の節目に、急速に発展する情報通信技術の現状を踏まえ「新時代へのイノベーション~ポスト平成の成長戦略を描く~」を総合テーマに議論を交わした。新潟市の朱鷺メッセで開かれたセミナーには、全国の同友会の会員ら1300人が参加し、市川晃セミナー企画委員会委員長があいさつしたあと、新潟経済同友会の山本善政代表幹事や花角英世新潟知事らが歓迎の言葉を述べた。このあと、ピクシーダストテクノロジーズの落合陽一氏が講演し「ソフトウエアはコストを抑えて付加価値を与えることができる。これからはソフトウエアで物事を修復する社会になっていくのではないか。現場で発生した問題をソフトウエアで解決を目指せば日本の生産も変わる。我々の社会を技術的な実験の場として、どうしたら最適に暮らしていけるかを考えなければいけないと思う」と語った。このあと「超スマート社会がもたらす恩恵」「新時代のサステナブルマネージメント」「日本教育のパラダイムチェンジ」「モノ・コト・ヒトの交流が生み出すイノベーションの」の4つの分科会に分かれて意見を交わした。2日目は、経済同友会の小林喜光代表幹事が議論を総括し閉幕した。来年の全国セミナーは高知県土佐市で開かれる。