山形経済同友会10月例会

山形経済同友会10月例会
山形経済同友会10月例会
講演する山形大学農学部江頭宏昌教授
講演する山形大学農学部江頭宏昌教授

山形経済同友会10月例会が10月18日(木)に山形グランドホテルで開かれた。例会には会員らおよそ60人が出席し、冒頭、先日亡くなった大場正仁専務理事のめい福を祈って黙とうした。鈴木代表幹事があいさつしたあと、新会員のキリンビール南東北支店の橋本岩男支店長と日本生命保険山形支社の森亮支社長が自己紹介をした。このあと、石川副代表幹事が下記のように会務報告を行った。

第1回未来かがやくやまがた景観賞1次審査の結果につきましては、既に皆様にご案内をしております。1次審査で選ばれた6点が10月22日の最終選考会に臨みます。最終選考会では、推薦者のプレゼンテーションがあり、その後、それぞれの候補地も映像を見て審査いたします。山形県知事賞1点、山形経済同友会賞1点、その他任意で山形経済同友会奨励賞を選ぶ予定です。なお、表彰式及び祝賀会は、11月21日(水)です。

いのちの電話チャリティゴルフコンペは9月22日、蔵王カントリークラブで行われました。コンペには9名の参加をいただき、チャリティ募金は14500円が寄せられました。歳末にいのちの電話に寄贈いたします。なお、優勝は野村證券山形支店の伊庭支店長、準優勝は第一生命保険山形支社の谷池支社長、第3位が五十嵐物産の五十嵐社長でした。

当面の予定

10月22日(月) 「未来かがやくやまがた景観賞」プレゼン・最終選考会

(山形グランドホテル 14:00~ )

11月 6日(火) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~12:00)

11月 6日(火) 例会(山形グランドホテル 12:00~14:00)

11月 8日(木)~9日(金) 日本海沿岸地域代表幹事サミット(福井市)

11月11日(日)~12日(月) 経済同友会代表幹事円卓会議(米子市)

11月21日(水) 「未来かがやくやまがた景観賞」表彰式・祝賀会

(山形グランドホテル17:00~)

11月27日(火)   MVP賞候補選定委員会 (YTS 10:30~12:00)

12月  5日(水) 提言の広場委員会 (YTS 10:30~12:00)

12月   7日(金) 常任幹事会(山形グランドホテル 17:30~)

12月   7日(金)  年忘れ例会(山形グランドホテル 18:00~)

このあと、山形大学農学部の江頭宏昌教授が「山形の食文化で地域の魅力を発信しよう」と題して講演した。江頭教授は、山形県には179種類の在来作物と、地域それぞれの食文化があると述べ、西川町の六浄豆腐や米沢市の雪菜など各地の代表的な作物や食文化を紹介した。そして伝統的な食文化は地域の人と風土に育まれ、歴史を重ねて存在すると説明した、その上で、伝統的な食文化を継承するために「伝統食材や伝統的な調理方法のメリットを理解した上で時代の価値観に少しでもマッチングさせていくこと」と指摘した。また、食文化で地域の魅力を伝えるには「食材や調理方法、味がその土地にしかない食を取り上げ、人々が自然とどう向き合ってきたかを発信すれば、魅力は十分に伝わる」と訴えた。