山形経済同友会3月例会

山形経済同友会3月例会
山形経済同友会3月例会
講演する宮城大学の西垣克学長
講演する宮城大学の西垣克学長

山形経済同友会の3月例会が17日(木)山形グランドホテルで開かれた。熊谷眞一代表幹事の挨拶のあと、後藤完司副代表幹事が会務報告を行った。会務報告は以下の通り。

1.東日本大震災追悼シンポジウムが3月11日に仙台市で開かれました。5回目を迎えたシンポジウムには会員ら240人が出席しまして,5年間の復興状況が報告されたあと、被災地のこれからの復興やまちづくりなど地域の再生について意見を交わしております。

2.これも震災関連ですが、震災復興の支援となる「IppoIppoNippon」の活動が3月1日から第10期に入りました。10期5年に亘り ます長期の被災地支援の最後となりますので、10期につきましても協賛してまいりたいと思いますのでご報告いたします。

 

3.当面の予定

4月5日(火)   基調方針検討会議③(山形テレビ 10:30~12:00)

4月14日(木)~15日(金)第29回全国セミナー(岡山市)

4月20日(水) 平成27年度収支決算監査(山形テレビ13:30~14:00)

4月21日(木) 常任幹事会(山形グランドホテル 11:30~12:00)

4月21日(木) 例会(山形グランドホテル 12:00~14:00)

5月20日(金) 常任幹事会(山形グランドホテル 15:00~15:30)

5月20日(金) 通常総会(山形グランドホテル 15:30~16:30)

5月20日(金) 講演会(山形グランドホテル 16:45~17:45)

5月20日(金) 通常総会懇親会(山形グランドホテル 18:00~19:30)

6月2日(木)   提言の広場委員会(山形テレビ 10:30~12:00)

6月17日(金) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~12:00)

6月17日(金) 例会(山形グランドホテル 12:00~14:00)

このあとの講師例会では、宮城大学の西垣克学長が『地域社会を衰退させる「地方創生」協奏曲』と題して講演した。この中で西垣学長は、1988年から翌年にかけ、政府が各市町村に1億円を交付した「ふるさと創生事業」は失敗だったと指摘した。その上で、地方創生は国の政策で展開するのではなく地元の状況を把握している自分たちで考えることだと訴えた。そして、地域社会の活性化のためには「人」を集めることから始めるべきだとして地元企業が雇用を創出することが必要と強調した。また、若者が流出するのは山形が日本一豊かな所という価値観が共有されていないためと語った。さらに東京から流れてくる戦略に乗らずに山形までこなければ買えない商品を構築し、豊かな日本をつくる先頭に立ってほしいとエールを送った。