山形経済同友会年忘れ例会

山形経済同友会年忘れ例会
山形経済同友会年忘れ例会
鈴木隆一代表幹事
鈴木隆一代表幹事

IMG_1935 (640x480)

山形経済同友会の年忘れ例会が1日、山形グランドホテルで開かれた。例会には会員ら60人が出席、鈴木隆一代表幹事が今年1年の活動を振り返り「今は情報氾濫の時代であり、しっかりと自分軸を打ち立て、流されないようにしなければならない」と決意を語った。続いて若松正俊副知事が吉村美栄子知事のメッセージを代読、佐藤孝弘山形市長が祝辞を述べた。県経営者協会の寒河江浩二会長の音頭で乾杯したあと、舞が披露され、出席者はなごやかに懇談した。

提言の広場委員会

提言の広場委員会 山形テレビ
提言の広場委員会 山形テレビ

提言の広場委員会は、12月6日(水)山形テレビで開かれ、下記のテーマで番組制作することを決定しました。委員会には提言の広場委員ら17人が出席し、会員から事前に提案された制作テーマを検討し決定しました。次回の提言の広場委員会は、平成30年3月6日(火)山形テレビで開催することになりました。

平成30年1月1日~平成30年3月31日の番組企画(順不同・仮題)

子どもの貧困
2つのユネスコ創造都市を活かして
山形大学重粒子線がん治療と医療ツーリズム
山形におけるインバウンドの検証
行政区域の壁を乗り越えるには
これからの地方都市のグランドデザインを
災害発生時の対策について
ものづくりシリーズ
イノベーション活動で飛躍を
地域医療の将来を考える
温泉熱を利用してCO2削減
CSRからCSVを実現できる企業づくりを
「広い公園活かしきれているか」
奥羽・羽越新幹線構想の是非について
「働き方改革」推進に向けて
山形県の高速交通体系を考える
「地方の課題・取組みを中央へ…」
若者の県外流出を防ぐ取り組み
福島浜通りの現状と課題
匠シリーズの継続
テレワークで実現する「働き方改革」
「くらしの足」地域公共交通網の将来
震災から7年今必要な支援
急げ、中心商店街活性化策
県立博物館移転整備でグランドデザインを