山形経済同友会チャリティゴルフ

山形経済同友会チャリティゴルフコンペ
山形経済同友会チャリティゴルフコンペ

IMG_2494

優勝した野村証券山形支店伊庭公也支店長
優勝した野村証券山形支店伊庭公也支店長

 

山形経済同友会のチャリティゴルフコンペは9月22日(土)に山形市の蔵王カントリークラブで開かれた。コンペの結果、優勝は野村證券山形支店の伊庭公也支店長、準優勝は第一生命保険山形支社の谷池正弘支社長、3位は五十嵐物産の五十嵐信社長でした。ベストグロス賞は伊庭支店長、ブービー賞はSMBC日興証券山形支店の城和孝支店長でした。またアトラクションでは、ドラコン賞は、3番で五十嵐社長、18番で伊庭支店長が獲得した。ニアピン賞は、5番で城支店長、11番で東北電力の藤原正雄執行役員山形支店長がそれぞれ獲得した。早朝から強い雨が降るあいにくの天気にもかかわらず、参加者は思う存分プレーを楽しんでいた。なお、善意で寄せられた募金は年末に「いのちの電話」に寄付する。

山形経済同友会9月例会

講演する山形大学理工学研究科 田中陽一郎教授
講演する山形大学大学院理工学研究科           田中陽一郎教授

 

山形経済同友会の9月例会が9月20日(木)に山形グランドホテルで開かれた。例会には、会員らおよそ50人が出席した。例会の冒頭、19日に他界した本間俊雄代表幹事経験者をしのんで黙とうした。鈴木代表幹事は「本間さんの同友会活動に対する情熱と精神を受け継ぎ、同友会をさらに発展させていきたい」と誓った。このあと後藤副代表幹事が下記のように会務報告を行った。

1回未来にかがやくやまがた景観賞は先月31日に応募を締め切りまして、庄内13件、最上10件、村山5件、置賜9件の計 37点の作品が寄せられました。927日に1次審査、1022日に最終審査、そして1121日表彰式及び祝賀会の予定です。

 当面の予定

9月22日(土) チャリティゴルフコンペ(蔵王カントリー倶楽部)

9月27日(木) 「未来かがやくやまがた景観賞」一次審査会

(山形グランドホテル12:00~14:30)

10月18日(木) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~12:00)

10月18日(木) 例会(山形グランドホテル 12:00~14:00)

10月22日(月) 「未来かがやくやまがた景観賞」プレゼン・最終選考会

(山形グランドホテル 14:00~ )

11月 6日(火) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~12:00)

11月 6日(火) 例会(山形グランドホテル 12:00~14:00)

11月 8日(木)~9日(金) 日本海沿岸地域代表幹事サミット(福井市)

11月11日(日)~12日(月) 経済同友会代表幹事円卓会議(米子市)

11月21日(水) 「未来かがやくやまがた景観賞」表彰式・祝賀会

(山形グランドホテル17:00~)

11月27日(火) MVP賞候補選定委員会 (YTS 10:30~12:00)

12月5日(水)  提言の広場委員会 (YTS 10:30~12:00)

12月 7日(金) 常任幹事会(山形グランドホテル 17:30~)

12月 7日(金) 年忘れ例会(山形グランドホテル 18:00~)

このあと、山形大学大学院理工学研究科の田中陽一郎教授が「経営課題を解決するためのIoTとAIの活用~その本質を探る~」と題して講演した。この中で田中教授は、モノのインターネットと訳されるI0Tを「事業全体を一人の優れた職人のように動かす仕組みで「もの」に魂を入れるということ」と説明した。そして、AIやビックデータの活用事例を示し、「中小企業だからこそ、少子高齢化だからこそ、地方だからこそ、経営改善のためにIoTに真剣に取り組む時だ。大学も支援する」と強調した。