全国セミナー特別講演 江戸の遺伝子・日本人の遺伝子 18代当主徳川恒孝氏

tokugawa家康公に学ぶ持続可能社会 わが国には、争いが無く社会的資産の浪費を抑えながら経済・文化の発展が続いた時代があった。徳川家康公が開き、慶喜公まで15代265年続いた江戸時代だ。限られた資源を効率よく再利用しながら安定的な経済成長を維持し、独自の文化を発展させた循環型社会「江戸」。大御所として江戸時代の骨格を築いた家康公の諸施策には、現代の日本社会が目指すべき「持続可能社会」実現へのヒントが数多く含まれている。日本の戦国時代の争いは、大陸戦争の皆殺しと違い、武家と武家の戦争で、農民や商人を殺傷する事はなかった。自分の領地の繁栄を目指しているので、勝利したら繁栄の基礎となる人を大切にしたと思われる。日本の文化は「善意の文化」である。これは日本列島の島国という位置関係と「八百万の神」「自然=人間」という共生の信念から来ており、世界的にも特異であり、日本の針路のファクターとなりうる。江戸時代は250年間、戦争が無く、1,200万だった人口が100年で3,000万に増加した。増える人口に対応して、大々的な治水工事が盛んになり、田畑を倍増していった。華やかなりし元禄文化のなかで、徳川吉宗公が第8代将軍となり、「質素倹約」を自ら実践しましたが、その頃の最大の抵抗勢力は言うまでもなく「大奥」だったと思います。この時代に「飛鳥山公園」を整備し、桜を植えて「花見」の風習を始めたのも吉宗公だと言われております。この当時の娯楽という記録を見てみますと「学問・花見・祭礼・寄席・芝居・俳句・川柳・朝顔」と町民がお金を掛けずに楽しめるものが綴られております。寺子屋のおかげで、識字率の高い町民文化が花開きました。日本も争いの終わった第二次世界大戦後にベビーブームが起こり、人口が倍増していきました。少子化の傾向が出てきた現在は、吉宗公のように環境に負荷をかけない生活が大切ではないかと講演いたしました。

全国セミナー第2分科会 農業・医療を成長産業に 

?????????????????安倍政権の掲げる成長戦略の重点分野として位置づけられた農業・医療について、大規模・効率的な経営、海外進出など先進的な取り組みを行う経営者に話を聞き、より一層の躍進のヒントを探る。バイオベンチャーで創新薬を開発しようとしている高山喜好エヌビィー健康研究所代表は資源が乏しい日本にとって医薬品の知的財産権は大きな新産業につながる。しかし、財務基盤や研究者の雇用の問題など研究以外の部分を担う人材が不足している。成長分野投資への優遇税制や新薬開発を促すシステムの充実を求めた。広島で観光農園を営む平田氏はかつてはリンゴの生産を中心に行っていたが、秋の台風で落果して収入が激減した。それから、リスク分散も含めて周年型の農業経営にした事で、農閑期が無くなり、従業員も雇えるようになった。企業経営型の農業にして、報酬や休みが取れるようにすると若い人が集まり、もうすでに6組が結婚して、独立していった。作物の生産よりも経営の方が難しく、消費者ニーズの把握が大切である。また、宮崎県の農業生産法人の新福氏は過疎地でICTを活用した農業を実践して、農業技術の継承に努めている。農業の生産効率は太陽エネルギーをどれだけ活用できるかにかかっている。そのためには、GPSやセンサーを利用して無人機で24時間農業を行う事は、日本の技術力があれば十分に可能であり、優位性があると話しました。富山議長は生産労働人口の減少は、高齢化率の高い地方から始まっている、人材の確保が最優先であると述べました。