山形-羽田増便 初年度の搭乗率目標は70%

03261913_20140326山形県と内陸部30市町村などでつくる山形空港利用拡大推進協議会は26日、30日から朝夕2往復に増便される山形-羽田線に関し、2014年度は利用者7万8000人、平均搭乗率70%の達成を目指すことを決めた。目標達成に向け、県内企業を主会員に「山形空港サポーターズクラブ」を創設し、ビジネス利用を囲い込む。山形市内と空港を結ぶバス「山形空港シャトル」も運行し、2次交通の充実も図る。協議会会長の市川昭男山形市長は、県庁であった総会で「開港50周年のことしが勝負の年になる」と強調しました。

フル規格の奥羽・羽越新幹線実現めざしシンポジウム

?????????????????フル規格の奥羽・羽越新幹線実現に向けた県主催の初のシンポジウムが3月20日、山形市のホテルメトロポリタン山形で開かれました。参加者は県内の行政、県議会や市町村議会の議員、経済団体の関係者ら約130人が参加しました。  藤井聡京都大大学院教授が「国土強靱(きょうじん)化と新幹線、そして地方の発展」と題して講演。フル規格新幹線の全国ネットワークが完成する事で、初めて新幹線のポテンシャルが100%発揮される。昭和48年に基本計画に位置づけされたままなのが、奥羽・羽越新幹線である。常に、県民が必要性をアピールしていかないと実現するのは難しいと話しました。県内の若手のパネリストがそれぞれのフル規格新幹線に対する期待と活用を訴えました。