山形経済同友会7月例会

IMG_2320
山形経済同友会7月例会
IMG_2323
講演する東北芸術工科大学 中山ダイスケ学長

山形経済同友会7月例会が7月10日(火)に山形グランドホテルで開かれた。例会には会員らおよそ50人が出席し、鈴木代表幹事があいさつしたあと、新会員の東北電力の藤原正雄執行役員山形支店長が自己紹介をした。このあと大場専務理事が下記の様に会務報告を行った。

7月4日に景観賞委員会が開かれまして、景観賞の実施要綱案について協議いたしました。景観賞のネーミングつきましては5年、あるいは10年の区切りで変えてきた経緯もありますことから検討しました結果「未来かがやくやまがた景観賞」に決まりました。先ほどの常任幹事会で報告し了承されております。

作品の募集期間は8月1日からになっております。積極的に自治体に募集の働きかけを行ってまいりますが、なお多くの作品が寄せられますよう、会員の皆様の作品のご推薦も合わせてお願いいたします。

当面の予定

7月12日(木)  景観賞募集協力要請(最上、庄内、村山総合支庁)

7月17日(火)  景観賞募集協力要請(置賜総合支庁)

7月19日(木)~20日(金) 経済同友会東北ブロック会議(長岡市)

7月30日(月)~31日(火) 北日本1道7県代表幹事意見交換会(青森市)

8月 3日(金) 常任幹事会(四山楼17:30~18:00)

8月 3日(金) 納涼例会(四山楼18:00~19:30)

9月 5日(水) 提言の広場委員会(山形テレビ10:30~12:00)

9月 13日(木)~14日(金) 全国経済同友会事務局会議 (盛岡市)

9月 20日(木) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~12:00)

9月 20日(木) 例会(山形グランドホテル 12:00~14:00)

9月22日(土) チャリティゴルフコンペ(蔵王カントリー倶楽部)

9月27日(木) 「未来かがやくやまがた景観賞」一次審査会 (山形グランドホテル12:00~14:30)

10月18日(木) 常任幹事会(山形グランドホテル11:30~12:00)

10月 18日(木)例会(山形グランドホテル 12:00~14:00)

10月22日(月)「未来かがやくやまがた景観賞」プレゼン・最終選考会 (山形グランドホテル 14:00~ )

11月8日(木)~9日(金) 日本海沿岸地域代表幹事サミット(福井市)

11月12日(月)~13日(火) 経済同友会代表幹事円卓会議(米子市)

11月21日(水)「未来かがやくやまがた景観賞」表彰式・祝賀会 (山形グランドホテル17:00~)

このあと、東北芸術工科大学の中山ダイスケ学長が「芸術大学のある山形(まち)」と題して講演した。中山学長はまず、学生の7割が東北出身で、本県出身は2割という現状について「もっと山形に大学をアピールしていきたい」と話した。そしてコミュニティデザイン学科や企画構造学科などの特徴的コースで2017年の就職内定率が95.9%となったことなどを紹介した。また大学が地域の課題解決に取り組んでいる例を挙げ、学生や卒業生が空きビルや書店、営業をやめた旅館のリノベーションを手がけたことなどを説明した。中山学長は「空き家が多い七日町からすずらん通りにかけて違う大学の学生が交ざって住める寮を将来的に700室ほどつくりたい。若い人が住めばそこに文化が生まれる」と語った。

第42回経済同友会東北ブロック会議

第42回経済同友会東北ブロック会議(長岡市)
第42回経済同友会東北ブロック会議(長岡市)
パネルディスカッション 「市民協働を支えた人材と成功の秘訣」
パネルディスカッション
「市民協働を支えた人材と成功の秘訣」
前長岡市長 森民夫氏
前長岡市長 森民夫氏

IMG_2369

第42回経済同友会東北ブロック会議が新潟県長岡市を会場に19日から2日間の日程で行われた。会議には東北ブロックと北海道の各同友会の会員ら140人が出席した。始めに、大きな被害をもたらした先の西日本豪雨の犠牲者へ全員で黙とうし冥福を祈った。そして新潟経済同友会の山本善政筆頭代表幹事や磯田達伸長岡市長が歓迎のあいさつをした。会議では、これまでオブザーバー参加だった北海道経済同友会のブロック会議への参画を認めたほか、ブロック会議の名称を「経済同友会東北北海道ブロック会議」とすることを了承した。続いて,前長岡市長の森民夫氏が「米百俵の精神に基づく市民協働の歴史」と題して講演した。この中で森前市長は、長岡花火やアリーナや市役所などが一体となった全国初の複合型交流施設「アオーレ長岡」などの成功例を挙げ、「米百俵の精神や全員野球、全員参加のまちづくりが成功につながった」と強調した。このあと,市民協働の精神で長岡市のまちづくりに取り組んでいる5人のパネリストが具体的な実践例や活動の様子を紹介した。2日目はエクスカーションが行われ、山本五十六記念館や河合継之助記念館、アオーレ長岡などを見学した。