7月県政懇談会

Exif_JPEG_PICTURE
7月の県政懇談会は11日(金)の朝、加藤昌宏県政懇談会委員長の進行で、山形グランドホテルで開催されました。台風8号による大雨の影響で、山形県災害対策本部が設置され、吉村知事が本部長に就任したため、大澤賢史商工労働観光部長との懇談会といたしました。9日からの置賜地方の豪雨で南陽市の吉野川が氾濫して、大変な状況になっている。今年度の商工労働観光部は、「山形DC 観光客数4500万人達成」と「中小企業元気活力プロジェクト」の二つの大きな目標を持っている。日本一さくらんぼ祭りがDCのオープニングとなったが148,000人の動員があり、幸先の良いスタートをきった。その前の「東北六魂祭」では2日間で26万人の人出があり、経済効果は24.5億円と試算されている。「さくらんぼ」でスタートをきって、7月からは「紅花」を中心にしたキャンペーンを展開する予定になっています。また、7月は「県産品愛用運動」の強調月間ですが、東北芸工大の学生さんのアイデアをいかした「新さくらんぼグッズ」の販売が好調に推移しております。特に話題になりました「さくらんぼの被り物」ですが、県産品にして、10,800の価格ですが、延べで57個の販売実績が記録されました。また、例年通り「高校3年生による求人要請訪問」も今月に実施いたします。若者の地元定住のためにも、経済界の皆様のご協力をお願いいたします。この後の懇談で、求人状況が改善されてきたが、「ものづくり」への希望が少ない、このままではエンジニア等の不足が生じる、興味付けを小さいうちから実施してほしい。駅西開発で文化施設とサッカー場で論議が起きているが、駅には賑やかな人通りが必要である、新県庁を駅に建設する考えは如何か。山形に来てみると「食材」や「自然」「温泉」の良さをかんじるがもっと知らせるプロモーションが必要だ。山形DCは好調に推移しているが、もう少し近県にPRすれば個人客の誘客に結びつく。「山形力」は農業が基盤になる。すばらしい農畜産物を生産する「作り手」を育てなくてはいけない。単年度の対応では無く、中長期の県政の農業活用のストーリーが必要だなどの意見が寄せられました。

sureba

交流レセプション 閉会挨拶

?????????????????

閉会挨拶は後藤完司副代表幹事が行いました。閉会の挨拶はこれだけ盛り上がっている時に、大変申し訳ありませんが〆させていただきます。先程も花笠踊りをご覧いただきましたが、真夏の風物詩として8月5・6・7日に山形市の大通りで開催されます。歓迎挨拶を行いました鈴木隆一副代表幹事が花笠まつりの実行委員長でございます。山形らしく「花笠〆」で行います。「やっしょまかしょ」と掛け声をかけますので、皆様で「しゃんしゃんしゃん」とお願いいたします。それではまいります。「やっしょまかしょしゃんしゃんしゃん、やっしょまかしょしゃんしゃんしゃん、やっしょまかしょしゃんしゃんしゃん」(拍手)